GET UP MUSIC

音楽のまとめ

聴きたい!ピアノが印象的な70年代洋楽男性シンガーソングライター5選

70年代に活躍したピアノマンなシンガーソングライターたち

ビリー・ザ・ベスト 1&2

 

当時、リアルタイムで洋楽を聴いていた人にとっては定番、時代を遡って新たに出会う人にとっては、きっと新鮮で温かみのある音楽に聴こえるに違いない。

  

Billy Joel(ビリー・ジョエル)

Piano Man

Piano Man

 

1949年、ニューヨーク生まれのシンガー・ソングライター。

 

1970年代に数々のピアノが印象的なヒット曲を量産。

 

1973年のアルバム『ピアノ・マン(Piano Man)』で注目を集め、

 

1977年『ストレンジャー(The Stranger)』はチャート2位、収録曲「素顔のままで(Just the Way You Are)」はグラミー賞を獲得。

 

1978年『ニューヨーク52番街(52nd Street)』はチャート1位を獲得し、シングル「Honesty」などをリリースし、同アルバムは1979年にグラミー賞年間最優秀アルバム賞を獲得。

 

 

Elton John(エルトン・ジョン)

Elton John

Elton John

 

1947年、イギリス生まれ。

 

彼の代表曲「僕の歌は君の歌(Your Song)」は、1970年にデビュー・アルバムとしてリリースされたセルフタイトル・アルバム『Elton John』に収録。

 

1972年リリースのアルバム『Honky Chateau』で初の全米チャート1位を獲得。

 

その後もバーニー・トーピンとエルトン・ジョンのコンビでヒット曲を量産、1972年から75年までの間に7枚のアルバムが全てチャート1位に輝く快挙を達成。 

 

勢いという意味でのピークは70年代だったものの、1997年にリリースした『Candle in the Wind』が全世界で3700万枚以上を売り上げ、チャートの史上もっとも売れたシングルの記録を打ち立てている。 

 

Leon Russell(レオン・ラッセル)

Leon Russell

Leon Russell

 

1942年オクラホマ生まれ、長い髪と白い髭がトレードマークのシンガーソングライターかつピアノをはじめをするマルチプレーヤー。

 

アメリカ南部の湿地帯を指す言葉で、さまざまな南部の音楽を融合した白人ロックサウンド『スワンプ・ロック』の中心人物として知られる。

 

代表曲「ソング・フォー・ユー(A Song For You)」は、1970年にデビュー・アルバムとしてリリースされたセルフタイトル・アルバム『Leon Russell』に収録。

 

同曲は、ジョー・コッカー、カーペンターズ、テンプテーションズなどの多くのアーティストがカバーする名曲として知られる。

   

Gilbert O'Sullivan(ギルバート・オサリバン)

Back to Front

Back to Front

 

1946年、アイルランド生まれイギリス育ちのシンガーソングライター。

 

活躍は主に70年代で、1971年に1st アルバム「HIMSELF(ヒムセルフ)」をリリースし、その後発表した代表作「アローン・アゲイン(Alone Again - Naturally) 」が全米チャートで6週連続1位(1972年の米年間チャートでも2位)を記録するヒットとなる。

  

また、彼のピアノ奏法スタイルは独特で、ほとんどべダルを使わない、同様に低音域・高音域の鍵盤も使わない、左手は打楽器のごとく鍵盤を叩いているなどの特徴がある。

  

Eric Justin Kaz (エリック・ジャスティン・カズ)

イフ・ユアー・ロンリー

イフ・ユアー・ロンリー

 

1946年生まれ、ニューヨーク出身のシンガーソングライター。

 

1972年にアルバム『イフ・ユアー・ロンリー(If You're Lonely)』でデビューし、続いて1974年に 2nd アルバム『カル・デ・サック(Cul de Sac)』と2作を発表。

 

アルバムジャケットのような肩の力がほどよく抜けた、ピアノを基調としたゆったりしたサウンドが聴きどころ。

 

しかし商業的には上記4人ほどパッとせず、どちらかといえば、ボニー・レイット(Bonnie Raitt)やリンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt)、ケニー・ロジャース(Kenny Rogers)などへ楽曲提供するソングライターとしての一面で知られる。