GET UP MUSIC

音楽のまとめ

天才の名をほしいままにする『岡村靖幸』のコラボに注目

孤高のシンガーソングライター 岡村靖幸

TV Bros(テレビブロス) 2016年 1/30 号 [雑誌]

  

1965年生まれ、兵庫県出身のシンガーソングライター。

 

ニックネームは「岡村ちゃん」。

 

80年代後半から90年代はじめに活躍

靖幸

 

19歳のころから作曲家として渡辺美里、吉川晃司、鈴木雅之などに楽曲を提供。

 

その後、1986年12月1日にシングル「Out of Blue」でデビュー。

 

1988年、「イケナイコトカイ」「だいすき」などのスマッシュヒットを量産し、楽曲の言語やリズムのセンスが話題に。

 

1990年にも、今でも人気の楽曲「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」「カルアミルク」などをシングルとしてリリース。


R&Bやソウルなどのブラックミュージック、ロック、ポップス、歌謡曲など、さまざまなジャンルを吸収、昇華させたメロディ、アレンジは、グルーヴィーかつファンキーで変幻自在。

 

青春や恋愛を描いた、ときに赤裸々な歌詞も多くのファンからの支持を得ている。


また、レコーディングでは、ほぼ全ての楽器を自ら演奏しているというマルチプレーヤーぶりも発揮している。

 

1990年代半ばより、スローな活動に

Me-imi

 

1990年代半ば以降は、メディア作品リリースのペースがスローになり表舞台から姿を消した時期もあったが、楽曲提供やプロデュース活動は継続。

 

2004年には「禁じられた生きがい」以来、約9年ぶりのアルバム「Me-imi」をリリースし全国ツアーも実施。

 

2011年の本格再始動後は、コンスタントに作品を発表 

幸福

 

2013年10月2日、シングル「ビバナミダ」リリース。

 

2016年にはアルバム「幸福」をリリース。

 

そして、2015年に刊行された2冊の書籍も読みごたえあり。

 

岡村靖幸『あの娘と、遅刻と、勉強と』 (TOKYO NEWS MOOK 479号)

岡村靖幸『あの娘と、遅刻と、勉強と』 (TOKYO NEWS MOOK 479号)

 

雑誌「TV Bros.」での連載対談の書籍化。

本書の中で彼は、矢野顕子や大貫妙子などのミュージシャンから荒俣宏、水道橋博士まで、さまざまな分野の第一線で活躍する17人の表現者たちと熱く語り合っている。

 

岡村靖幸 結婚への道

岡村靖幸 結婚への道

 

結婚したことのない岡村靖幸が、結婚をテーマに32人の著名人と対談したファッション誌「GINZA」での連載が書籍化されたもので、彼のインタビュアー的な側面も垣間見れる。

 

そんななか、数々のコラボ作品に注目したい

2013年 岡村靖幸 w 小出祐介「愛はおしゃれじゃない」

愛はおしゃれじゃない

愛はおしゃれじゃない

 

小出祐介(Base Ball Bear)とのコラボシングル「愛はおしゃれじゃない」。

 

本作は表題曲と「ラブビデオ」の2曲が収録。

 

2012年に Base Ball Bear の楽曲「君はノンフィクション」のアレンジ&プロデュースを務めたことをきっかけに制作した楽曲で、岡村は作曲、演奏、アレンジ、プロデュース、小出は作詞を担当している。

 

 

2015年 木津茂里×岡村靖幸「東京音頭-TOKYO RHYTHM」

東京音頭-TOKYO RHYTHM

東京音頭-TOKYO RHYTHM

 

 岡村靖幸と民謡歌手の木津茂里によるコラボシングル「東京音頭」。

 

木津のアルバム「SHIGERI BUSHI」に収録されていたものを、岡村プロデュースにより新しいアプローチでリカバーした作品。

 

岡村がほとんどの楽器の演奏を担当し、木津がボーカルを務めている。

 

2017年 DAOKO × 岡村靖幸「ステップアップLOVE」

ステップアップLOVE

ステップアップLOVE

 

女性ラップシンガー DAOKO のシングル「ステップアップLOVE」に収録。

 

作編曲、プロデュースを岡村靖幸が担当し、作詞は岡村と DAOKO が共同で手掛けている。

 

Perfumeや、BABYMETALらの作品で知られる MIKIKO が振り付けを担当したミュージックビデオにDAOKOとともに登場しダンスバトルを繰り広げ、相変わらずキレの良いダンスを披露している。

 

 

2018年 KICK THE CAN CREW 「住所 feat. 岡村靖幸」

住所 feat. 岡村靖幸(通常盤:Single CD)

住所 feat. 岡村靖幸(通常盤:Single CD)

 

KICK THE CAN CREW が、岡村靖幸とのコラボ楽曲「住所feat. 岡村靖幸」を8月29日にリリース。

 

約15年ぶりのシングルとなる”LOVE”をテーマにした今作は、作詞をKREVA、LITTLE、MCU、岡村靖幸、作曲をKREVAが担当し、岡村靖幸が歌う。