GET UP MUSIC

音楽のまとめ

90’s~00’s 美メロな洋楽 エモ(EMO)アルバム名盤10選

1994 Sunny Day Real Estate「Diary」 

Diary

Diary

 

1992年、シアトル発の彼らの 1st アルバムにして、エモ史上最高傑作との呼び声が高い。 

 

エモーショナル・コア(ロック)を開拓していく上での金字塔的な作品ともいえる。

 

1997 Mineral「Power Of Failing」

Power of Failing

Power of Failing

 

1994年、テキサス発の彼らの 1st アルバム。

 

ハード・コア寄りの激しさと、叙情的な静の部分のバランスが絶妙。

 

泣きのエモの代表といえば、このバンドが代表格になるのでは。

2002  The Gloria Record「Start Here」

Start Here

Start Here

 

元 Mineral のクリス・シンプソンを中心に結成されたグロリア・レコードの 1st アルバム。

 

Mineral の進化形となるサウンドは、さらに繊細さや優美さを増し、とくにシンフォニックなキーボードストリングスが秀逸な3曲目の「Cinema Air」などを聴くと、まるで幻想世界に誘っているような錯覚に陥る。

2000 Brandtson「Trying To Figure Each Other Out」

Trying to Figure Each Other Out

Trying to Figure Each Other Out

 

クリーブランド発、レーベル ”DEEP ELM” を代表する彼らのEP。

 

美メロかつハモりあり、おまけに疾走感のあるサウンドと涙腺ゆるみっぱなしの作品。

 

オススメは3曲目の「Leaving Ohio」。

 1999 American Football「American Football」

American Football

American Football

 

1997年、Mike Kinsella を中心に結成された彼らが、99年にリリースした唯一のセルフタイトルとなるフルアルバム。

 

エモのジャンルにとどまらず、”ポストロック”のジャンルを確立した作品として語られることも多い。

 

歪みの少ないギターのトーンは、ジャケット写真の夜の静寂を思わせる。

 

1999 The Get Up Kids「Something to Write Home About」

Something to Write Home About: 10th Anniversary Ed

Something to Write Home About: 10th Anniversary Ed

 

カンザスシティ発の彼らの 2nd アルバム。 

 

1st アルバム「Four Minute Mile」でみられた粗削り感がなくなったものの、ポップで聴きやすくなり疾走感は変わらずという、最高傑作にあげられることの多い作品。

 

オススメは、マット・プライアーが聴かせにかかっている5曲目の「Out of Reach」。

 

2001 Saves The Day「Stay What You Are」 

 Stay What You AreStay What You Are
 

1997年、ミュージャージー発の彼らの 3rd アルバム。

 

ジャケット写真を彷彿させる、やさしく降り注ぐ陽光のようなポップ・パンク寄りのエモ・サウンドが特徴な作品。

2001 Jimmy Eat World「Bleed American」

Jimmy Eat World

Jimmy Eat World

  • アーティスト: Jimmy Eat World,Ariel Rechtshaid,Davey vonBohlen,Rachel Haden,Rick Burch,Tom Linton,Mark Trombino,Zach Lind,Jim Adkins
  • 出版社/メーカー: Dreamworks
  • 発売日: 2001/07/24
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 22回
  • この商品を含むブログ (21件) を見る
 

1993年、アリゾナ発の彼らの 4th アルバム。

 

エモ・シーンにおいて最も商業的成功を収めているバンドといわれ、その中でトップセールスをあげた作品がこちら。

 

3曲目の「The Middle」はシングルとしてスマッシュヒットしている。

 

2000 Elliott「False Cathedrals」

False Cathedrals

False Cathedrals

 

彼らのベストと評されることの多い 2nd アルバム。

 

ハーモニーとピアノを導入したスケール感の大きなサウンドが魅力。 

 

オススメは、静から動への流れやボーカル、ハーモニー、どれをとっても美しい4曲目の「Drive On To Me」。

2002 Sunday’s Best「Californian」

Californian

Californian

 

ロサンゼルス発の彼らの 2nd にしてラストアルバム。

 

1st よりもギター・ポップ、パワー・ポップ寄りのサウンドになったものの、さわやかなエモいメロディは健在。

 

オススメは、すこしドリーミーな表題曲「Californian」。