GET UP MUSIC

音楽のまとめ

American Football から Owen へ『マイク・キンセラ』とは

Mike Kinsella(マイク・キンセラ)

1977年3月4日生まれ、シカゴ出身のミュージシャン。

 

ティムとマイクのキンセラ兄弟を中心として、1989年にシカゴで結成されたバンド Cap'n Jazz(キャップン・ジャズ)のドラマーとして12歳からメンバーの一員となり音楽活動を開始。

 

同バンド解散により、兄のティムが1995年に始動させたバンド Joan of Arcでも、ドラムやギターで参加。

 

Mineral(ミネラル)から The Gloria Record(グロリア・レコード)に移行した両バンドのフロントマン、クリス・シンプソンや、The Get Up kids(ゲット・アップ・キッズ)のフロントマンで、アコースティック・ソロ・プロジェクト The New Amsterdams でも活動するマット・プライアー(Matt Pryor)とともに、90年代の emo シーンにおける主要人物のひとり。

 

American Football(アメリカン・フットボール)

 

1997年に当時大学生だったマイク・キンセラらによって結成され、98年にEPを発表したのち、99年に1stアルバム『American Football』をリリースするも解散。

 

静かにたゆたうような浮遊感と凛とした美しさを感じる、エモーショナルなサウンドが特徴のバンドで、わずか1枚のフルアルバムリリースながら、リリース後、じわじわ新たなリスナーに発見され続け、90年代のエモ/ポスト・ロックが語られる際に名前のあがる名盤。

 

American Football

American Football

 

 

 

2014年にファン待望の再結成を実現させ、2015年には来日公演も。

そして2016年、およそ17年ぶり、またしてもセルフタイトルとなる 2nd アルバム『American Football』をリリース。

 

American Football

American Football

 

 

キンセラ曰く、前作よりも削ぎ落とされ直球なサウンドとのこと。

エモ/ポスト・ロックファンにとどまらず、フォーク・ロックファンなど幅広い音楽ファンにも受け入れられる作品となっている。

また、日本をテーマにしたミュージックビデオを公開している。

  

 

Owen(オーウェン)

American Football 解散後、ソロ・プロジェクト Owen として活動を始めたキンセラ。

繊細で物憂げ、そしてどこかあたたかく包み込むようなサウンドが特徴。

2001年9月にセルフタイトルの1st アルバム「Owen」をリリース、以降、彼の音楽への造詣の深さが感じられる数々の作品を生み出している。

 

2001年「Owen」
Owen

Owen

 

 

2002年「No Good for No One Now」
No Good for No One Now

No Good for No One Now

 

 

2004年「I do perceive」 
I Do Perceive

I Do Perceive

 

 

2006年「At Home With Owen」 
At Home With Owen

At Home With Owen

 

 

 

2009年 「new leaves」
New Leaves (Dig)

New Leaves (Dig)

 

 

 2011年「GHOST TOWN」
Ghost Town

Ghost Town

 

 

2013年「L'Ami du Peuple」 
L'AMI DU PEUPLE

L'AMI DU PEUPLE

 

 

2014年「OTHER PEOPLE'S SONGS」
OTHER PEOPLE'S SONGS

OTHER PEOPLE'S SONGS

 

 

2016年「The King of Whys」
King of Whys

King of Whys