GET UP MUSIC

音楽のまとめ

聴きたい!1980年代に活躍した男性2人組ユニット(デュオ)5選

Daryl Hall & John Oates(ダリル・ホール&ジョン・オーツ)

メンバー
ダリル・ホール(Daryl Hall)
ジョン・オーツ(John Oates)

1972年にデビュー以来、18枚のスタジオ・アルバムを発表してきたブルーアイド・ソウル・デュオ。

70年代に『Sara Smile』『Rich Girl』などのシングル曲がヒットし、80年代に入り

『Kiss on My List 』『Private Eyes』 『I Can't Go for That (No Can Do) 』など、次々にNo1シングルを量産。

1991年に一度は解散したものの、95年に復活。

2014年にはロックの殿堂入りを果たし、アメリカレコード協会から最も売れたデュオとの認定も。

この一枚 1981年 アルバム『Private Eyes』

Private Eyes

この一曲『Private Eyes』

Tears For Fears(ティアーズ・フォー・フィアーズ)

メンバー
ローランド・オーザバル(Roland Orzabal)
カート・スミス(Curt Smith)

1981年にイギリスで結成されたデュオ。

1983年、エレクトロ・ポップを前面にフューチャーした1stアルバム『The Hurting』で、イギリス国内での評価を得、その後アメリカに進出、シングル『ルール・ザ・ワールド」』『シャウト』が全米No1に輝き、商業的な成功を収める。

1992年にスミスが脱退し、オーザバルのソロ・プロジェクトとなったものの、2004年に再結成。

2017年には11年ぶりとなる新曲『I Love You But I’m Lost』を発表し、現在も活動を続けている。

1985年 アルバム『Songs From The Big Chair』 

Songs From the Big Chair

英チャート2位を記録した 2nd アルバム。

この一曲『Shout』 

ワム! (Wham!)

メンバー
ジョージ・マイケル(ボーカル)
アンドリュー・リッジリー(ギター)

1981年にイギリスで活動を開始したポップ・デュオ。

1982年のデビュー後は、彼らのルックスやジョージ・マイケルの作るメロディアスな楽曲の良さもあり、アイドル的人気を獲得、スター街道を走り始める。

1984年のアルバム『Make It Big』は英米ともに1位。同作からは『Wake Me Up Before You Go-Go』『Last Christmas』 『Freedom』などのヒットが曲が生まれ、商業的な成功を収める。

1986年の解散後、お互いソロ活動を展開。ジョージ・マイケルは、1988年に発表したソロデビューアルバム『Faith』が大ヒットするなど、ソロアーティストとしても成功を収めるが、残念ながら2016年12月にこの世を去った。

この一枚 1984年 アルバム『Make It Big』

メイク・イット・ビッグ(期間生産限定盤)

この一曲『Freedom』

Pet Shop Boys(ペット・ショップ・ボーイズ)

メンバー
ニール・テナント(Neil Tennant) ボーカル
クリス・ロウ(Chris Lowe)キーボード

1981年にロンドンで結成されたエレクトロポップ・デュオ。

ミュージシャン兼雑誌記者のニール・テナントと当時学生だったクリス・ロウが意気投合し活動を始める。

1984年にデビューし、翌年の『West End Girls』をはじめ、1987年の『It's A Sin』や、エルヴィス・プレスリーのヒット曲のカバー『Always On My Mind』など、ダンサブルでメランコリックなエレクトロ・ポップが世界的に広く受け入れられヒットに。

ちなみに、デビュー当初のユニット名は「West End」だったものの、共通の友人がペットショップに勤めていたことから「Pet Shop Boys」に改名された。

この一枚 1986年 アルバム『Please』

Please

この一曲『West End Girls』

The Style Council(スタイル・カウンシル )

メンバー
ポール・ウェラー(Paul Weller)メインボーカル・ギター
ミック・タルボット(Mick Talbot)オルガン・シンセサイザー

1977年にデビューし1982年に解散したバンド「The Jam」のリーダーだったポール・ウェラーが、ミック・タルボットとともに結成したユニット。

4枚のオリジナルアルバムをリリースし、1990年3月に解散。

ジャズやソウル、R&B、ボサ・ノヴァなど、さまざまな音楽要素取り入れ、スタイリッシュでお洒落なポップに昇華させたサウンドで人気を博した。 

特に、1984年の1stアルバム『Cafe Bleu』翌年の2ndアルバム『Our Favourite Shop』の評価が高い。

この一枚 1984年 アルバム『Café Bleu』

Cafe Bleu

この一曲『Shout To The Top』