GET UP MUSIC

音楽のまとめ

聴きたい!80年代に活躍した洋楽スリーピースバンド5選

RUSH(ラッシュ)

メンバー
ゲディ・リー/Geddy Lee(Vo、B)
アレックス・ライフソン/Alex Lifeson(G)
ニール・パート/Neil Peart(Dr)

カナダトロント出身、1974年にアルバム『Rush』でデビュー。

プログレッシヴ・ロック特有の複雑な展開に加え、ハード・ロックの持つパワー、卓越した演奏技術、そして哲学的な歌詞などが特徴で、プログレ・ハード・ロックバンドとも。

1980年の『Permanent Waves』、翌81年にリリースされたアルバム『Moving Pictures』で世界的な人気を獲得。

海外との知名度、人気の違いから、国内での集客数では高額なギャラを支払うことができず、来日させることができないバンドとも。

プログレッシブ・メタル・バンド Dream Theater(ドリーム・シアター)をはじめ、後継のバンドに多大な影響を与える伝説かつ現役のスリーピースバンド。

この一枚 アルバム『Moving Pictures』1981年

MOVING PICTURES

この一曲 『Limelight』

The Outfield (アウトフィールド)

全盛期(80年代)のメンバー
トニー・ルイス/Tony Lewis(Vo、B)
アラン・ジャックマン/Alan Jackman(Dr)
ジョン・スピンクス/John Spinks(G)

イギリスロンドンで結成され、1984年にアルバム『Play Deep』でデビュー、そして同作が彼らの代表作となるスリーピースバンド。

バンドが紹介される際、イギリス出身なのに本国では売れずにアメリカでブレイク、また、野球用語の「外野」をバンド名にしたこと、ボーカルのトニー・ルイスの声質がスティングに似ているなど話題になったものの、当時日本での知名度はいまひとつ。

キャッチーなメロディが印象的、アメリカン・ポップ・ロックなテイストなサウンドが特色、そのため、アメリカ出身のバンドと勘違いされることも。

この一枚 アルバム『Play Deep』1984年

Play Deep

収録曲『Your Love』

The Police(ポリス)

メンバー
スティング/Sting(Vo、B)
スチュアート・コープランド/Stewart Copeland(Dr)
アンディ・サマーズ/Andy Summers(G)

1977年にイギリスロンドンで結成されたロック・バンド。1978年、アルバム『アウトランドス・ダムール』でデビュー。

1983年には、代表作となる5thアルバム『シンクロニシティー』 をリリース。

同アルバムは、ビルボード誌アルバムチャート17週連続1位、シングルカットされた「Every Breath You Take」(邦題:見つめていたい)は8週連続で1位を記録し、大ヒットするも、残念ながら翌年1月に活動を停止。

ロックにレゲエやジャズの要素を取り入れたサウンドが特色。

この一枚 アルバム『シンクロニシティー』1983年

synchronicity

収録曲『Every Breath You Take』

ZZ Top

メンバー
ビリー・ギボンズ/Billy Gibbons(G、Vo)
ダスティ・ヒル/Dusty Hill(B)
フランク・ベアード/Frank Beard(Ds)

1969年にアメリカテキサスで結成された、長いアゴ髭とサングラスの風貌がトレードマークのスリーピースロック・バンド。

1970年代半ばには、ブルースを基調としながらもダイナミックで力強いサウンドで、サザン・ロック・シーンの一角を担う存在に。

1980年代にリリースされたアルバム、『ELMINATOR』(83年)、『Afterburner』(85年)で商業的にも成功を収める。

これらのアルバムに収録された楽曲「Legs」や「Sleeping Bag」のコミカルなMVが、MTVでヘビーローテーションでオンエアされたため、幅広い世代から認知されることになった。

この一枚 アルバム『ELMINATOR』1983年

Eliminator

収録曲『Legs』

Depeche Mode(デペッシュ・モード)

現メンバー
デヴィッド・ガーン (Vo)
マーティン・ゴア (G/Key)
アンディ・フレッチャー (Key/B)

1981年にイギリスで結成されたニューウェーブロック・バンド。

ポストパンク時代の旗手として主に80年代~90年代に活躍。

1990年にリリースされた『ヴァイオレーター (Violator)』が本国のみならずアメリカで大ブレイク、商業的に最も成功したアルバムとなる。

メンバーの脱退や闘病、ドラッグやアルコールの中毒、自殺未遂など、紆余曲折さまざまな困難を乗り越え、現在も現役を続けている不死鳥のようなバンド。

この一枚 アルバム『Some Great Reward』1984年

SOME GREAT REWARD

収録曲『People Are People』

世界的にバンドの名前を知らしめることとなった、人種差別や暴力をテーマにした楽曲。